リノベーション費用の相場ってどのくらいなんだ?

最近はリノベーションという言葉も浸透してきています。
リノベーションの定義は、新築時にもった建設物の機能以上の付加価値を付けるための大規模な改修の事なのだそうですが、リフォームとリノベーションの差がわかりにくい、と思うかたも多いのではないでしょうか。

また、今住んでいる住居の築年数が古く、建て替える位の勢いでしっかりリフォームしておきたい(=リノベーション)という場合には一体どのくらい費用がかかるんだろう・・?と思われる方の為に相場や過去の実際の例をみてみませんか?

まずは相場からですが、1000万円~となっています。
建物をほぼ、構造の状態からリフォームする規模の大きな工事になりますので、工事している間の仮の住居の費用なども別途かかってしまいますが、中古物件を購入して、引越す前にリノベーションを、という方もいらっしゃいますよね。

では過去にはどういったリノベーションの例があるかというと、
日当たりの悪い北側にあったLDKを南に移動し、玄関も一新するなどの規模のリフォームをお行った場合の費用の例をみてみると1450万円というものがありました。

さらにこれぞリノベーションともいうべきリフォームなのですが、建物の老朽化と合わせて間取りも見直し!という本当に規模の大きなリフォームでは1600万円という例があります。
お子様が独立されたり、逆に同居を始める際にはこういったリフォームを希望されるご家庭も多いのではないでしょうか。

お子様ができたりして、なんども増改築を繰り返した家にはありがちな複雑な間取りを思いきって一新した例もあります。
生活動線もしっかり見直しそれでもこの値段?と思ったのですが、費用は1400万円ということでした。

値段以上の価値が産まれるリノベーション。まずは相談からしてみるともっと具体的に色々と見えてくるのかもしれませんね。
この後の生活をより豊かなものにしてくれるリノベーションなら、貴方とご家族のこれからの人生までがらっと変えてしまうのかもしれません。

リノベーション 費用の相場の詳細